風俗嬢の質問にたいする答えを事前に用意しておくというテクニック

風俗嬢の質問にたいする答えを事前に用意しておくというテクニックわたしは普段から「風俗嬢とどんな会話をしたら仲良くなれるかな」って考えています。

そして実際に会話をしてみて、うまくいかなかった部分を改善するようにしています。

いわゆる PDCA を回すというやつですね。

PDCA っていうのは、ビジネス用語で、生産管理手法です。 Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の 4 段階を何度も繰り返すことによって、業務を改善させていきます。

風俗嬢といろんな話をするうちに、どんな話をすれば仲良くなれるかが少しずつわかってきました。

風俗嬢との会話と素人女性との会話の違い

さて、実は、風俗嬢との会話と、素人女性との会話には決定的な違いがひとつあります。

それは、風俗嬢の質問というのは、だいたい決まっているということです。風俗嬢が聞く質問なんて「今日はお休みですか?」とか「どんなお仕事しているんですか?」など、ほとんどは定型文なのです。

だったら、こちらは事前にその質問に対する答えを、徹底して準備しておけばいいんです。そのことで PDCA を何倍も早くサイクルさせることができるのです。

どう答えればいいかに正解はありません。しかし、事前に風俗に行く前に回答を用意しておくことによって、風俗嬢との出会いを優位にすすめることができるはずです。

たとえば「どんなお仕事しているんですか?」って聞かれた時は、「税理士」って応えるよりも、「税理士をしているんだよ。最近はこういうお店の女の子もマイナンバーとか大変だね」と答えたらがぜん食いつきが違ってきます。彼女たちとの会話のフックを大量に用意しておけば彼女たちは「この人ともっと話したい!」と強烈に思うのです。

まったく準備をしていなければ、

「今日はお休みですか?」

「うん……」

「このあとどこかに行くんですか?」

「いや、帰る……」

なんて会話が続いてしまうかもしれません。これでは仲良くなることはできません。

ぜひ、事前にどう応えるかを練りに練って頭に入れておいてください。

それでは、風俗嬢にされる質問まとめです。

風俗嬢にされる質問まとめ

  • 今日はお休みですか?
  • お仕事終わったんですか?
  • どんなお仕事をしているんですか?
  • お休みの日は何しているんですか?
  • このあとはどこに行くんですか?
  • 趣味はなんですか?
  • お酒は飲むんですか?
  • スポーツとかしているんですか?
  • どんな女の子が好きですか?
  • 大きいって言われませんか?
  • こういうお店はよく来るんですか?
  • このお店は初めてですか?
  • おいくつなんですか?
  • お若いですよね?
  • どの辺にお住まいですか?
  • 1人で来たんですか?
  • 結婚していますか?
  • 彼女はいますか?

マイナンバーを利用して「風俗嬢と簡単に仲良くなり店外で会う方法」

mynumber-710x434

マイナンバー制度が始まりますね。国民一人ひとりに番号を割り当てて、税金を徴収しやすくし、税の徴収率を上げる政策です。

さて、マイナンバー制度が始まると、脱税している人以外にも困る人がいます。

それが風俗嬢です。

これまでは、風俗嬢が確定申告をしていなくても、一人ひとりのすべての収入を調べることが不可能だったために、税務署はスルーしていたのです。

しかし、今後は、支払調書にマイナンバー記入欄ができるので、税務署は簡単に彼女たちの収入を把握することができます。

そうなれば彼女たちは次のようなことが心配になります。

  • OL が夜に風俗嬢をしていたら、マイナンバーのせいで副業がバレてしまうかもしれない
  • マイナンバーで報酬が補足されたら、親バレしてしまうかもしれない
  • 過去に税金を納めていないことがバレてしまうかもしれない

もちろん、実際にそういうことが起こるとは限りません。しかし重要なのは、風俗嬢がマイナンバーを不安に思っているという事実なのです。

そこで、あなたの登場です。不安を解消してくれる男性は、風俗嬢にとって非常に頼れる存在。当然、好感度もバリバリにアップするでしょう。ひょっとしたら、「マイナンバーのコトについて詳しく教えてあげるから……」といったら、店外で簡単に会うことができるかもしれません。

世間からの非難の声も大きいマイナンバー制度ですが、風俗嬢を口説くという観点からすると、これほど便利な法律はないのです!

しかし、このマイナンバー制度を利用した風俗嬢を口説くテクニックは、まさに今しか使えないのです。マイナンバーに関する風俗嬢の問題なんて、あと1年もすればネット上に溢れかえるだろうし、風俗嬢同士のあいだで対策が始まってしまいます。

いますぐに徹底的に勉強して、マイナンバーで風俗嬢を口説いて店外でセックスしまくろう作戦を結構しなければなりません。

ここでは、確実に役に立つであろう「マイナンバー制度が始まっても風俗の副業がバレない方法」を書いていきます。

マイナンバー制度が始まっても風俗の副業がバレない方法

税務署で確定申告をおこなえば、たとえば、昼間にOLしている女性が、夜に風俗で働いていたら、その金額を合算して住民税が請求されます。住民税は翌年から給与天引きになるので、この額が増えていると会社側に副業がバレてしまうわけです。もちろん、どんな副業なのかを知ることはできませんが、風俗で働いているという後ろめたさがあれば、副業をしているということさえ、ぜったいに会社には知られたくないのです。

しかし、住民税から副業がバレないようにするのは簡単です。確定申告の時に住民税の徴収を「普通徴収」に変更すればいいのです。確定申告の書類には、住民税を給与から発生した住民税と合算するかどうかを選ぶことができる欄があります。真ん中あたりに「給与から差引」と「自分で納付」という2つのチェックマークがついているのです。

普通徴収

こちらで、「給与から差引」にすれば、副業の収入は給料に合算されて住民税が徴収されます。

そして、「自分で納付」にすれば、副業からの住民税の通知は自宅に来るので、副業が会社にバレることはないのです。

マイナンバーの勉強をしよう

さて、こんなふうにマイナンバーの勉強をしていくことは、風俗嬢を口説くだけでなく、自分の生活にも勉強になることがたくさんあります。ぜひみなさんも今から勉強を始めてみてくださいね。

基本的なことは、政府のページに網羅されているのでまずはこちらからどうぞ。

マイナンバー社会保障・税番号制度

風俗嬢に聞いてはいけない質問

風俗嬢に聞いてはいけない質問風俗嬢を攻略するためには、風俗嬢に好意を持ってもらう必要があります。

しかし、その大前提となるのは、風俗嬢に嫌われないことです。

もちろん、不潔だったり、爪が伸びていたりということも大前提ですが、風俗嬢は「言われると嫌なこと」というのが、わたしたちが思っている以上にたくさんあるのです。

今回は、風俗嬢に聞いてはいけない質問をまとめてみました。

当たり前なことから「え、こんなことまで?」と驚くようなことまで、たくさんまとめましたので、目を通しておいてくださいね。

本名

「本当の名前はなんていうの?」と聞く客がいるそうです。風俗所はウソの本名を用意しているものですが、それを言うのも面倒ですね。

本当のことを言うわけはないし、本名を何か良からぬことに利用されたら困るし、そもそも本名を聞いても、コチラにいい事はなにもありません。

そんなことで嫌われたらバカみたいですよね。

わたしは、本名を知らないけどプライベートでセックスをした風俗嬢が山程います。目的は何なのかが明確になっていれば、こんなバカな質問はしないはずなのです。

住んでいる場所

風俗嬢は身バレが怖くて、わざわざ自宅から遠い場所から通っているものです。そういうことに敏感なのに、こんなことを聞くのは、自分がバカであると表明しているのと同義なのです。

ランキングに入っていないの?

たとえば、「すごく可愛いのにランキングに入っていないの?」というつもりで聞いているのだとしても、そのことを気にかけている風俗嬢は聞かれたくないのです。

女性は普通に生きていたら、明確に数字で序列をつけられるなんていうことを経験していません。耐性がないので、傷ついているのです。そっとしておいてあげてください。

この仕事以外に何しているの?

専業風俗嬢のなかには、専業であることにコンプレックスを持っている子がいます。学生風俗嬢や、昼間はOLをしている風俗嬢を羨ましく思っているのです。自分には風俗しかないという現実をつきつけるべきではないのです。

本当は何歳なの?

お店のほうから、本当の年齢を言わないように指導されている場合もあるし、実際の年齢を言って、老けていると言われたらいやだし、いろいろな心配があるものです。

なんでこんな仕事をしているの?

たとえ、そんなつもりはなくても、説教に聞こえてしまう場合があります。風俗に来てちんぽをしゃぶってもらうオジサンから説教をされるほどウザイことはありません。動機を聞くのは絶対にやめてください。また、風俗のことを「こんな仕事」と下に発言するのもよくありません。風俗に来ているキモいオヤジが言うことではないのです。

彼氏はいるの?

いようがいまいが、いないと答えるしかないのです。するだけ無駄な質問に風俗嬢はウンザリしています。

子供はいるの?

もしもいるとしたら、もっとも仕事中に考えたくないことでしょう。あなたの心証は地に落ちます。もしもいないとしたら、老けていると思われると考えます。いずれにしてもこんな馬鹿な質問はしないでください。

将来は何をするの?

将来に夢や希望がある風俗嬢はいいですが、なんの夢もないような子の場合は、絶望に打ちひしがれるきっかけをあたえるだけです。

風俗嬢に好かれる方法まとめ

風俗嬢に好かれる方法まとめ風俗嬢に好かれる方法をまとめました。とくに風変わりなテクニックがあるわけではありません。しかし、これらは確実にクリアしていなければ、絶対に好かれることはないという初歩の初歩なのです。ぜひとも、復習しておいてください。

乱暴にしない

強引に服を脱がす。頭を押さえつけてフェラさせる。体勢を強引に変える。金を払ってるんだから云々という。などの行為は絶対にやめてください。それっぽいことをするのもだめ。あくまでも紳士に振る舞ってください。

イかせようとしない

AVのようにがんがん風俗嬢をイかせてメロメロにして風俗嬢を口説くなんていう幻想をもっている男性がいます。

無駄なのでやめてください。

そんなの風俗嬢からしたら疲れるだけです。

それに、指入れをガンガンされて、膣内が傷ついてしまうかもしれません。傷がついたら、しばらく仕事ができなくなってしまうかもしれない。

最初は、風俗嬢に気持ちよくさせてもらうことを考えてください。結局、それが一番楽なんです。

そして、その後の会話で勝負しましょう。そこで好かれるように考えましょう。

説教

風俗嬢に「どんな客がイヤだ?」って聞くと、たいてい最初にいうのは積極をしてくる客です。「どうしてこんな仕事をしているの? はやくやめて普通の仕事をしなきゃだめだ。自分の体を大切にしなきゃ」なんて言ってくる客ですね。お前は金払ってチンポしゃぶってもらってるのに何様のつもりだと思われるだけです。何のメリットもありません。

どうしても説教したいなら、風俗嬢を完璧に口説いて自分の女にしてからにしてください。

写真と違う

「写真と違う」というのは、風俗嬢が言われてすごく傷つく言葉です。こっちとしては何気なく言っただけかもしれないけど、女性としては、そのプレイの間中ずっとそのことを気にすることになってしまいます。

不潔

風俗に言ったらシャワーを浴びるからという理由で、汗ビショビショのまま行く人がいます。せめて汗は拭きましょう。タオルを濡らして体を拭くくらいなら公衆トイレでもできるはず。

女の子の体を触るのに、爪をきちんと切っていない客は意外に多いものです。女の子は、客を見るときに爪の長さをしっかりと確認します。そして爪が伸びている客に強いマイナスイメージを持つのです。

もちろん、爪をしっかり洗っておくなんていうのは当然ですね。

ほかの客が少ないときに行く

風俗嬢に好かれる方法まとめオキニの風俗嬢に会いに行くなら、ほかの客が少ないときにしましょう。

具体的には、平日・早い時間・給料日前・金曜日以外・イベントがない、といった日です。

客が多くて疲れているときに入るのと、空いているときに入るのでは風俗嬢の印象が全く違ってきます。

明確に意識をしなくても「何だかこの人と会うときは疲れているな」なんて思われたら、好印象を残すことはできません。

逆に、空いているときにいけば、「この人といるときは元気が出るな」って思ってもらえる可能性があります。

同じ金額を払うなら、好印象を持ってもらえる時に入るようにしてください。

ナンパができないから風俗嬢を口説く

ナンパができないから風俗嬢を口説く世の中のモテ本の多くはナンパを勧めています。でも、結局は街を歩いている女の子に声をかける勇気を与えてくれる本はありません。その勇気を持たない人が、どれだけモテ本を読んでもモテるようにはならないんです。

そういった本の中では、ナンパというのがさも誰にでもできるように扱われています。そして、自分がナンパができないと自己嫌悪に陥ったりしちゃうんですね。

はっきりいって、街なかで、見ず知らずの女性に声をかけるなんて正気の沙汰ではありません。そんなことはできなくて当たり前なのです。

ナンパで女の子を口説けるのは、ナンパというゲーム自体を楽しめる素質を持った人なのです。わたしには、その素質はまったくありませんでした。何時間も苦行を繰り返して、それでやっとデートまでこぎつけられて、しかもつまらない話を延々聞かされてゴキゲンをとりながらセックスまでもっていく。そういうゲームを楽しめる素養をもった人なんて、そう多くはないはずなのです。

だからこそ、わたしのような人間は、風俗嬢を口説くゲームをすべきなのです。

風俗嬢を口説くゲームの素晴らしさ

風俗嬢を口説くのはお金はかかりますが、口説くのに失敗したとしてもエッチで楽しいことがたくさんできます。もしも失敗してもお金を払った分は十分に楽しめる。風俗嬢を口説くというのは、お金プラスアルファの部分なのです。これはかなりコスパの良いゲームだということができます。

このブログを読んでいる方の多くは、すでにお気に入りの風俗嬢がいて、その子をどうやって口説くか考えている人が多いのかもしれません。

しかし、わたしは、普段風俗に行かない人にこそ言いたいんです。風俗嬢を口説くべきだと。こんなにコスパの良いゲームは、他にはないのです。

さらに、もしもあなたが、わたしのように、女の子と会話をするのさえ苦手で、普段の恋愛がうまくいかないというタイプだとしたら、風俗嬢との会話は、女の子との会話の練習にもなるのです。わたしは、風俗で女性の扱い方を学びました。仲良くなった風俗嬢からは「もっとこうしたほうがいいんじゃない?」なんていうアドバイスをもらったりすることもあります。

まともな風俗店さえ選べば、風俗嬢を口説くことほどコスパが良くて楽しいゲームは存在しないとわたしは考えるのです。

風俗嬢をミラーリングで口説く

風俗嬢と仲良くなるためには、実際に会った時に、相手と同じ行動をしてください。

  • ゆっくりと話していたら、それに合わせてゆっくりとしゃべります。
  • 相手の身振り手振りが大きければ、こちらも同じように身振り手振りを大きくします。
  • 女性がコップに口をつけたら、こちらもつけます。

次に、女性の視点で物事を見るようにしてください。女性がどういうふうに感じているのかを考えて、自分も同じように感じるように努力してください。

そうやってシンクロしていくんです。

これはミラーリングと呼ばれます。

これを繰り返していると、「この人といると落ち着く」とか「気分が良い」と思うようになっていきます。

人間は本能的に自分と似た人間を求めています。

その状況を人工的に創りだしてください。

もちろん、本来の自分と違うことをするわけだから、ちょっと大変だなって思うことがあるかもしれません。

でも、

風俗嬢を口説くためなら、そんなことちっとも大変ではありませんよね?

風俗嬢と仲良くなるには肯定することが大切

風俗嬢と仲良くなるには肯定することが大切です。

どんな馬鹿げたことを言っても間違ったことを言っても反論してはいけません。必ず肯定してください。

メールでも実際の会話でも、このルールは絶対に守ってください。

あなたが風俗嬢に対立し衝突し論破を繰り返したところで、

「この人は知的で素敵な方だわ」なんて思われることは金輪際ありません。

それよりも、ちょっと論理が破綻していようとも、感情に任せておかしなことを言っていても、それをとにかく肯定し続けていればいいんです。

肯定ロボットになりましょう。

3が偶数だと言われても10が素数だと言われても、「そうだねそうだね」と言っていればいいんです。

そのときに、きちんと話の内容に向き合って肯定してください。口先だけの肯定・同意は見破られてしまいます。

女は、論理に弱いけれど、感情を汲み取る力が優れています。

女性との会話が上手くいかない男性の多くが、会話を「自分をどれだけ賢いか見せるためのゲーム」だと思い込んでいます。自分の意見を押し付けて知力をアピールするのはやめてください。

女性は、論理的で知的な会話なんて興味がありません。

そんなのは女性誌をちょっと見てみればわかることです。彼女たちの頭の中は本当に薄っぺらいんです。論理になんて興味がないんです。

そして、そういう女性の存在全体を温かい目で包み込んであげてくだい。

そうすれば、必ず彼女たちをベッドのなかで包み込むことができますよ。

風俗嬢と付き合うために、一番大切なことは「損切り」です。

風俗嬢と付き合うために、一番大切なことは「損切り」です。風俗嬢とつきあうために、いちばん大切なことは「損切り」です。

例えば、3回通ってぜんぜん脈がない風俗嬢が、10回通ったらデートしてくれたなんていういうことはありません。

そんな小さな可能性にかけるなら、3人の風俗嬢と3回ずつ会った方が風俗嬢と付き合える確率ははるかに高いのです。

損切りの難しさと埋没費用(サンクコスト)

それでも損切りって難しいですよね。

この損切りの難しさをうまく説明する概念として埋没費用(サンクコスト)という経済学用語があります。

何かに投資した労力のうち、戻ってこない労力のことを埋没費用といいます。

たとえば、ダム建設に10億円かけた。だけど、ダムは必要なくなった。それでも10億円かけたんだから、あと1億円かけて完成させたいなんていう報道がありますね。

でも、実際には、10億円はすでに埋没費用となっているわけだから、1億円をかけずに、10億円をどぶに捨てて撤退する方が正しいんですね。

しかし、それが埋没費用であることを正しく認識できないから、無駄な公共事業が増える。

公共事業だと話が大きすぎてわかりにくいかもしれません。

映画を見に行ったとしましょう。1時間たったところで、猛烈につまらないと思いました。でもせっかく1時間見ていたんだし、この1時間を無駄にするくらいなら最後まで見ようなんて思ったりしませんか?

しかし、最初の1時間はすでに埋没費用となっているわけです。現時点での正しい判断は、その映画の続きを見ないことのはずです。その1時間をもっと有意義なことに使うべきなのです。

風俗嬢を口説く上での埋没費用

風俗嬢を口説くのも一緒です。一生懸命通ってお金をつかったんだから、もったいないから、まだ通うっていうのは埋没費用を正しく理解していません。

きちんと、その時点で、どれくらいの確率で口説けそうかを冷静に判断しなければならないのです。

わたしの場合、2回目でアドレス交換できなければ、それ以上通うことはしません。

そんな風俗嬢にかかずらうくらいなら、ほかの風俗嬢を開拓します。

これって営業?それとも……愛情?なんて思ってしまう行為

これって営業?それとも……愛情?なんて思ってしまう行為風俗店に通っていると自然とお気に入りの店舗ができて、さらにその中でお気に入りの嬢……いわゆる「オキニ」ができてくるのが普通だと思います。そしてそのオキニを何度も指名しているうちに、なんだかもっと会いたい、もっと一緒の時間を過ごしたい、なんて気持ちが湧いてくるのも珍しいことではありません。

つまり、オキニに対して恋愛感情を持ってしまうわけですね。恋をする気持ちというのはなかなか自分で制御できるものではないし、一度持ってしまったものはなかなか消えませんので苦労することになってしまう人も多いハズ。

でも、ごく一般的な恋愛と比べると風俗がらみはいろいろと特殊な環境です。これって本当に純粋な気持ちなのか?もしかして、これって色恋営業なだけであって俺は乗せられてハメられているだけなんじゃないか……?なんて風にも思ってしまいますよね。

風俗嬢は仕事でそういう行為をしているだけであって、より仕事の成果を上げるために好意を寄せているように演じているだけ。そうドライに割り切っている人もいますが、本当にそれでいいのでしょうか?風俗嬢の好意はすべてが営業行為であって、そこに恋愛感情はないのでしょうか?

結論からいえば、恋愛感情を持つ風俗嬢も確実にいます。

なにせ、相手も人間なのですから。人間である以上感情はありますし、相手に対して恋愛感情を持ってしまうのも自然なことです。ただ……そんな風俗嬢が多数派かどうかといえば、残念ながら少数派であるのが現実です。

指名を増やしたい、出勤日を増やしたい、そういった売上目的のために、色恋営業を仕掛けてくるプロ意識の高い風俗嬢も多いです。そんな風俗嬢の色恋営業を真に受けてしまい、悲しい思いをしてしまった男性も数知れず。

ここではそんな色恋営業に過度に振り回されないために、よくあるパターンをいくつか紹介したいと思います。

あなただけは特別だよ、というような言動

「こんなの初めて……!」だったり「もうアナタじゃなきゃだめ……!」なんて言葉。風俗嬢から言われたことはありませんか?こんなこと言われたら、男冥利に尽きるとても嬉しいものですよね。

ただ、残念ながらそのほとんどは大嘘です。こんなの初めてどころか、何度も経験して何度も同じ言葉を他の男にも振りまいているのです。もっとも、これは風俗嬢に限ったことではありませんが……一般の女性でもよく使う手ですね(笑)

風俗嬢ならではの行為としては「本番許してるの、あなただけなんだからね」だったり「店外デートなんて絶対しなかったけど……あなたとならいいよ」「営業用の携帯じゃなくて、プライベートの携帯を特別に教えてあげる!」なんて風に、自分のことを特別でオンリーワンな存在として扱ってくることです。

この場合もほとんどは嘘です。いろんな男につかっているというのが現実です。むしろ常套句とさえ言えるでしょう。こういった言葉を言われても決して真に受けてしまわないように。

でも、こういうことを言ってくれるということは、少なくとも嫌われてはいません。もっと会いに来てほしい、と純粋に思っているはずです。ならば恋愛相手としてはアリとして見られているとも言えますので、ある意味ではここがスタート地点とも言えるかもしれませんね。

まるで恋人のようなキスをしてくれる

甘いキスってありますよね。ただ口と口を物理的に合わせるだけのキスではなく、そこに感情がこもっていてねっとりと糸をひくようなキス。キスだけで何分も過ぎていくような、舌を絡ませてお互いに無言でむさぼり合うような……そんな恋人同士だけに許されたキス。

もし、そんなキスを風俗嬢側からしてきたとしたら?どんな言葉よりも、強烈に恋愛感情を意識してしまいますよね。

実は風俗嬢が一番したくないプレイというのは「キス」なんだそうです。肛門舐めより、即尺より、本番行為より、キスだけはしたくないって子は多いんです。なぜかといえば、キスは恋人同士でするもの、という価値観があるからなんですね。お客さんはあくまでお客さんであって恋人ではないから、キスをする必要はない、というわけです。

とはいえお金を払って基本プレイにキスが含まれている以上、お客さんから要求されればキスはせざるを得ません。なので嫌々に仕方なくキスを受け入れたり、もしくは軽く流していたりするそうです。

こっちから要求したわけでもなく、風俗嬢側からそんな恋人同士のようなキスをしてきたのであれば……?これはよっぽど相手にキス行為への抵抗がないか、あなたに好意を抱いているかのどちらかである可能性が高いです。

嫌われてはいない、というレベルではなく、好意を持たれていると思ってしまってもいいでしょう。ただ、それが恋人同士につながるような恋愛感情であるかといえばまだそれはわかりません。「いいお客さん」止まりかもしれませんからね。

多くの風俗嬢はキスをしたがりません。だからこそ、キスを積極的にすることで希少価値を高めて、より多くの指名を取る……そんな風に考える風俗嬢もいるでしょうからね。

ただ、言葉よりも行動で示してくれている以上、こちらのほうが脈アリである確率は高いですね。

デリヘルで絶対に当たりを引く方法

デリヘルには、絶対に当たりを引く方法があります。

もちろん、その時間に当たりの風俗嬢が待機しているという前提ですが。

それは……。

チェンジOKのお店に限った話です。

電話で予約するときに、チェンジの方法を事細かに聞くという作戦です。

  • もしも気に入らないときはどうやってチェンジするんですか?
  • ただチェンジと一言言うだけでいいんですか?
  • チェンジは無料ですよね?

など、チェンジに関して聞いておけば、風俗店はハズレを派遣することはないんです。もしもチェンジされたら、損失が大きい。ドライバーもタダ働きになってしまいます。

だから、最初から人気の女の子をつけてくれるんです。

結局、世の中は、文句をいう人間ほどトクをするのですね。