ナンパができないから風俗嬢を口説く

ナンパができないから風俗嬢を口説く世の中のモテ本の多くはナンパを勧めています。でも、結局は街を歩いている女の子に声をかける勇気を与えてくれる本はありません。その勇気を持たない人が、どれだけモテ本を読んでもモテるようにはならないんです。

そういった本の中では、ナンパというのがさも誰にでもできるように扱われています。そして、自分がナンパができないと自己嫌悪に陥ったりしちゃうんですね。

はっきりいって、街なかで、見ず知らずの女性に声をかけるなんて正気の沙汰ではありません。そんなことはできなくて当たり前なのです。

ナンパで女の子を口説けるのは、ナンパというゲーム自体を楽しめる素質を持った人なのです。わたしには、その素質はまったくありませんでした。何時間も苦行を繰り返して、それでやっとデートまでこぎつけられて、しかもつまらない話を延々聞かされてゴキゲンをとりながらセックスまでもっていく。そういうゲームを楽しめる素養をもった人なんて、そう多くはないはずなのです。

だからこそ、わたしのような人間は、風俗嬢を口説くゲームをすべきなのです。

風俗嬢を口説くゲームの素晴らしさ

風俗嬢を口説くのはお金はかかりますが、口説くのに失敗したとしてもエッチで楽しいことがたくさんできます。もしも失敗してもお金を払った分は十分に楽しめる。風俗嬢を口説くというのは、お金プラスアルファの部分なのです。これはかなりコスパの良いゲームだということができます。

このブログを読んでいる方の多くは、すでにお気に入りの風俗嬢がいて、その子をどうやって口説くか考えている人が多いのかもしれません。

しかし、わたしは、普段風俗に行かない人にこそ言いたいんです。風俗嬢を口説くべきだと。こんなにコスパの良いゲームは、他にはないのです。

さらに、もしもあなたが、わたしのように、女の子と会話をするのさえ苦手で、普段の恋愛がうまくいかないというタイプだとしたら、風俗嬢との会話は、女の子との会話の練習にもなるのです。わたしは、風俗で女性の扱い方を学びました。仲良くなった風俗嬢からは「もっとこうしたほうがいいんじゃない?」なんていうアドバイスをもらったりすることもあります。

まともな風俗店さえ選べば、風俗嬢を口説くことほどコスパが良くて楽しいゲームは存在しないとわたしは考えるのです。

風俗嬢をミラーリングで口説く

風俗嬢と仲良くなるためには、実際に会った時に、相手と同じ行動をしてください。

  • ゆっくりと話していたら、それに合わせてゆっくりとしゃべります。
  • 相手の身振り手振りが大きければ、こちらも同じように身振り手振りを大きくします。
  • 女性がコップに口をつけたら、こちらもつけます。

次に、女性の視点で物事を見るようにしてください。女性がどういうふうに感じているのかを考えて、自分も同じように感じるように努力してください。

そうやってシンクロしていくんです。

これはミラーリングと呼ばれます。

これを繰り返していると、「この人といると落ち着く」とか「気分が良い」と思うようになっていきます。

人間は本能的に自分と似た人間を求めています。

その状況を人工的に創りだしてください。

もちろん、本来の自分と違うことをするわけだから、ちょっと大変だなって思うことがあるかもしれません。

でも、

風俗嬢を口説くためなら、そんなことちっとも大変ではありませんよね?

風俗嬢と仲良くなるには肯定することが大切

風俗嬢と仲良くなるには肯定することが大切です。

どんな馬鹿げたことを言っても間違ったことを言っても反論してはいけません。必ず肯定してください。

メールでも実際の会話でも、このルールは絶対に守ってください。

あなたが風俗嬢に対立し衝突し論破を繰り返したところで、

「この人は知的で素敵な方だわ」なんて思われることは金輪際ありません。

それよりも、ちょっと論理が破綻していようとも、感情に任せておかしなことを言っていても、それをとにかく肯定し続けていればいいんです。

肯定ロボットになりましょう。

3が偶数だと言われても10が素数だと言われても、「そうだねそうだね」と言っていればいいんです。

そのときに、きちんと話の内容に向き合って肯定してください。口先だけの肯定・同意は見破られてしまいます。

女は、論理に弱いけれど、感情を汲み取る力が優れています。

女性との会話が上手くいかない男性の多くが、会話を「自分をどれだけ賢いか見せるためのゲーム」だと思い込んでいます。自分の意見を押し付けて知力をアピールするのはやめてください。

女性は、論理的で知的な会話なんて興味がありません。

そんなのは女性誌をちょっと見てみればわかることです。彼女たちの頭の中は本当に薄っぺらいんです。論理になんて興味がないんです。

そして、そういう女性の存在全体を温かい目で包み込んであげてくだい。

そうすれば、必ず彼女たちをベッドのなかで包み込むことができますよ。

これって営業?それとも……愛情?なんて思ってしまう行為

これって営業?それとも……愛情?なんて思ってしまう行為風俗店に通っていると自然とお気に入りの店舗ができて、さらにその中でお気に入りの嬢……いわゆる「オキニ」ができてくるのが普通だと思います。そしてそのオキニを何度も指名しているうちに、なんだかもっと会いたい、もっと一緒の時間を過ごしたい、なんて気持ちが湧いてくるのも珍しいことではありません。

つまり、オキニに対して恋愛感情を持ってしまうわけですね。恋をする気持ちというのはなかなか自分で制御できるものではないし、一度持ってしまったものはなかなか消えませんので苦労することになってしまう人も多いハズ。

でも、ごく一般的な恋愛と比べると風俗がらみはいろいろと特殊な環境です。これって本当に純粋な気持ちなのか?もしかして、これって色恋営業なだけであって俺は乗せられてハメられているだけなんじゃないか……?なんて風にも思ってしまいますよね。

風俗嬢は仕事でそういう行為をしているだけであって、より仕事の成果を上げるために好意を寄せているように演じているだけ。そうドライに割り切っている人もいますが、本当にそれでいいのでしょうか?風俗嬢の好意はすべてが営業行為であって、そこに恋愛感情はないのでしょうか?

結論からいえば、恋愛感情を持つ風俗嬢も確実にいます。

なにせ、相手も人間なのですから。人間である以上感情はありますし、相手に対して恋愛感情を持ってしまうのも自然なことです。ただ……そんな風俗嬢が多数派かどうかといえば、残念ながら少数派であるのが現実です。

指名を増やしたい、出勤日を増やしたい、そういった売上目的のために、色恋営業を仕掛けてくるプロ意識の高い風俗嬢も多いです。そんな風俗嬢の色恋営業を真に受けてしまい、悲しい思いをしてしまった男性も数知れず。

ここではそんな色恋営業に過度に振り回されないために、よくあるパターンをいくつか紹介したいと思います。

あなただけは特別だよ、というような言動

「こんなの初めて……!」だったり「もうアナタじゃなきゃだめ……!」なんて言葉。風俗嬢から言われたことはありませんか?こんなこと言われたら、男冥利に尽きるとても嬉しいものですよね。

ただ、残念ながらそのほとんどは大嘘です。こんなの初めてどころか、何度も経験して何度も同じ言葉を他の男にも振りまいているのです。もっとも、これは風俗嬢に限ったことではありませんが……一般の女性でもよく使う手ですね(笑)

風俗嬢ならではの行為としては「本番許してるの、あなただけなんだからね」だったり「店外デートなんて絶対しなかったけど……あなたとならいいよ」「営業用の携帯じゃなくて、プライベートの携帯を特別に教えてあげる!」なんて風に、自分のことを特別でオンリーワンな存在として扱ってくることです。

この場合もほとんどは嘘です。いろんな男につかっているというのが現実です。むしろ常套句とさえ言えるでしょう。こういった言葉を言われても決して真に受けてしまわないように。

でも、こういうことを言ってくれるということは、少なくとも嫌われてはいません。もっと会いに来てほしい、と純粋に思っているはずです。ならば恋愛相手としてはアリとして見られているとも言えますので、ある意味ではここがスタート地点とも言えるかもしれませんね。

まるで恋人のようなキスをしてくれる

甘いキスってありますよね。ただ口と口を物理的に合わせるだけのキスではなく、そこに感情がこもっていてねっとりと糸をひくようなキス。キスだけで何分も過ぎていくような、舌を絡ませてお互いに無言でむさぼり合うような……そんな恋人同士だけに許されたキス。

もし、そんなキスを風俗嬢側からしてきたとしたら?どんな言葉よりも、強烈に恋愛感情を意識してしまいますよね。

実は風俗嬢が一番したくないプレイというのは「キス」なんだそうです。肛門舐めより、即尺より、本番行為より、キスだけはしたくないって子は多いんです。なぜかといえば、キスは恋人同士でするもの、という価値観があるからなんですね。お客さんはあくまでお客さんであって恋人ではないから、キスをする必要はない、というわけです。

とはいえお金を払って基本プレイにキスが含まれている以上、お客さんから要求されればキスはせざるを得ません。なので嫌々に仕方なくキスを受け入れたり、もしくは軽く流していたりするそうです。

こっちから要求したわけでもなく、風俗嬢側からそんな恋人同士のようなキスをしてきたのであれば……?これはよっぽど相手にキス行為への抵抗がないか、あなたに好意を抱いているかのどちらかである可能性が高いです。

嫌われてはいない、というレベルではなく、好意を持たれていると思ってしまってもいいでしょう。ただ、それが恋人同士につながるような恋愛感情であるかといえばまだそれはわかりません。「いいお客さん」止まりかもしれませんからね。

多くの風俗嬢はキスをしたがりません。だからこそ、キスを積極的にすることで希少価値を高めて、より多くの指名を取る……そんな風に考える風俗嬢もいるでしょうからね。

ただ、言葉よりも行動で示してくれている以上、こちらのほうが脈アリである確率は高いですね。