マイナンバーを利用して「風俗嬢と簡単に仲良くなり店外で会う方法」

mynumber-710x434

マイナンバー制度が始まりますね。国民一人ひとりに番号を割り当てて、税金を徴収しやすくし、税の徴収率を上げる政策です。

さて、マイナンバー制度が始まると、脱税している人以外にも困る人がいます。

それが風俗嬢です。

これまでは、風俗嬢が確定申告をしていなくても、一人ひとりのすべての収入を調べることが不可能だったために、税務署はスルーしていたのです。

しかし、今後は、支払調書にマイナンバー記入欄ができるので、税務署は簡単に彼女たちの収入を把握することができます。

そうなれば彼女たちは次のようなことが心配になります。

  • OL が夜に風俗嬢をしていたら、マイナンバーのせいで副業がバレてしまうかもしれない
  • マイナンバーで報酬が補足されたら、親バレしてしまうかもしれない
  • 過去に税金を納めていないことがバレてしまうかもしれない

もちろん、実際にそういうことが起こるとは限りません。しかし重要なのは、風俗嬢がマイナンバーを不安に思っているという事実なのです。

そこで、あなたの登場です。不安を解消してくれる男性は、風俗嬢にとって非常に頼れる存在。当然、好感度もバリバリにアップするでしょう。ひょっとしたら、「マイナンバーのコトについて詳しく教えてあげるから……」といったら、店外で簡単に会うことができるかもしれません。

世間からの非難の声も大きいマイナンバー制度ですが、風俗嬢を口説くという観点からすると、これほど便利な法律はないのです!

しかし、このマイナンバー制度を利用した風俗嬢を口説くテクニックは、まさに今しか使えないのです。マイナンバーに関する風俗嬢の問題なんて、あと1年もすればネット上に溢れかえるだろうし、風俗嬢同士のあいだで対策が始まってしまいます。

いますぐに徹底的に勉強して、マイナンバーで風俗嬢を口説いて店外でセックスしまくろう作戦を結構しなければなりません。

ここでは、確実に役に立つであろう「マイナンバー制度が始まっても風俗の副業がバレない方法」を書いていきます。

マイナンバー制度が始まっても風俗の副業がバレない方法

税務署で確定申告をおこなえば、たとえば、昼間にOLしている女性が、夜に風俗で働いていたら、その金額を合算して住民税が請求されます。住民税は翌年から給与天引きになるので、この額が増えていると会社側に副業がバレてしまうわけです。もちろん、どんな副業なのかを知ることはできませんが、風俗で働いているという後ろめたさがあれば、副業をしているということさえ、ぜったいに会社には知られたくないのです。

しかし、住民税から副業がバレないようにするのは簡単です。確定申告の時に住民税の徴収を「普通徴収」に変更すればいいのです。確定申告の書類には、住民税を給与から発生した住民税と合算するかどうかを選ぶことができる欄があります。真ん中あたりに「給与から差引」と「自分で納付」という2つのチェックマークがついているのです。

普通徴収

こちらで、「給与から差引」にすれば、副業の収入は給料に合算されて住民税が徴収されます。

そして、「自分で納付」にすれば、副業からの住民税の通知は自宅に来るので、副業が会社にバレることはないのです。

マイナンバーの勉強をしよう

さて、こんなふうにマイナンバーの勉強をしていくことは、風俗嬢を口説くだけでなく、自分の生活にも勉強になることがたくさんあります。ぜひみなさんも今から勉強を始めてみてくださいね。

基本的なことは、政府のページに網羅されているのでまずはこちらからどうぞ。

マイナンバー社会保障・税番号制度

出会い系サイトのデリヘル嬢を口説く

風俗嬢を口説きやすいのは、ワクワクメールなどの大手出会い系サイトに存在する闇デリヘル業者です。出会い系サイトのデリヘル業者は素人に毛が生えたようなものが多いので、ルールも明文化されていなかったりします。ほとんど普通の女の子と同じように口説ける上に、あきらかにお股の緩い女の子たちがおおいのですから、口説きやすいのは明らか。

あるいは個人的に援助交際をしている女の子なども攻略が非常に簡単です。最初だけお金を払って、その後、セフレにするのはとても簡単です。

ただし、注意していただきたいのは、直接的な言葉は大手出会い系サイトでは禁止されているということです。

「相談に乗ります」「困っている子いますか」「悩みはありませんか?」

などと掲示板に書いておけば、あとは待っているだけでメールがバンバン届くようになります。

あとはメールアドレスを交換してから、サイト外で交渉をしてください。また、未成年ではないことを確認してからやりとりに移ってください。

 ワクワクメールの公式サイトはコチラから