風俗嬢と付き合うために、一番大切なことは「損切り」です。

風俗嬢と付き合うために、一番大切なことは「損切り」です。風俗嬢とつきあうために、いちばん大切なことは「損切り」です。

例えば、3回通ってぜんぜん脈がない風俗嬢が、10回通ったらデートしてくれたなんていういうことはありません。

そんな小さな可能性にかけるなら、3人の風俗嬢と3回ずつ会った方が風俗嬢と付き合える確率ははるかに高いのです。

損切りの難しさと埋没費用(サンクコスト)

それでも損切りって難しいですよね。

この損切りの難しさをうまく説明する概念として埋没費用(サンクコスト)という経済学用語があります。

何かに投資した労力のうち、戻ってこない労力のことを埋没費用といいます。

たとえば、ダム建設に10億円かけた。だけど、ダムは必要なくなった。それでも10億円かけたんだから、あと1億円かけて完成させたいなんていう報道がありますね。

でも、実際には、10億円はすでに埋没費用となっているわけだから、1億円をかけずに、10億円をどぶに捨てて撤退する方が正しいんですね。

しかし、それが埋没費用であることを正しく認識できないから、無駄な公共事業が増える。

公共事業だと話が大きすぎてわかりにくいかもしれません。

映画を見に行ったとしましょう。1時間たったところで、猛烈につまらないと思いました。でもせっかく1時間見ていたんだし、この1時間を無駄にするくらいなら最後まで見ようなんて思ったりしませんか?

しかし、最初の1時間はすでに埋没費用となっているわけです。現時点での正しい判断は、その映画の続きを見ないことのはずです。その1時間をもっと有意義なことに使うべきなのです。

風俗嬢を口説く上での埋没費用

風俗嬢を口説くのも一緒です。一生懸命通ってお金をつかったんだから、もったいないから、まだ通うっていうのは埋没費用を正しく理解していません。

きちんと、その時点で、どれくらいの確率で口説けそうかを冷静に判断しなければならないのです。

わたしの場合、2回目でアドレス交換できなければ、それ以上通うことはしません。

そんな風俗嬢にかかずらうくらいなら、ほかの風俗嬢を開拓します。

出会い系サイトのデリヘル嬢を口説く

風俗嬢を口説きやすいのは、ワクワクメールなどの大手出会い系サイトに存在する闇デリヘル業者です。出会い系サイトのデリヘル業者は素人に毛が生えたようなものが多いので、ルールも明文化されていなかったりします。ほとんど普通の女の子と同じように口説ける上に、あきらかにお股の緩い女の子たちがおおいのですから、口説きやすいのは明らか。

あるいは個人的に援助交際をしている女の子なども攻略が非常に簡単です。最初だけお金を払って、その後、セフレにするのはとても簡単です。

ただし、注意していただきたいのは、直接的な言葉は大手出会い系サイトでは禁止されているということです。

「相談に乗ります」「困っている子いますか」「悩みはありませんか?」

などと掲示板に書いておけば、あとは待っているだけでメールがバンバン届くようになります。

あとはメールアドレスを交換してから、サイト外で交渉をしてください。また、未成年ではないことを確認してからやりとりに移ってください。

 ワクワクメールの公式サイトはコチラから